蒲田シティクリニック

大田区蒲田の内科,消化器内科,循環器内科,呼吸器内科は、 蒲田シティクリニック

〒144-0052 東京都大田区蒲田4-29-2
TEL:03-3735-1600
▲Mobile Site
トップページ»  高尿酸血症と痛風

高尿酸血症と痛風

高尿酸血症と痛風

高尿酸血症と痛風

痛風は高尿酸血症を基礎に発症する尿酸塩認沈着症であります。
痛風性関節炎いわゆる痛風発作、皮下結節(痛風結節)、腎障害(痛風腎)、尿管結石などを発症します。
高尿酸血症は血清尿酸値が7.0mg/dlを超えるものと定義されており、その頻度は、30歳以降の成人男性では30%以上といわれております。
持続する高尿酸血症による体の組織への尿酸塩沈着を解消し痛風関節炎や腎障害・尿管結石などの尿酸塩沈着症を回避することが治療目標です。
薬物療法も有効ですが、まずは生活習慣の改善すなわち過食、高プリン・高脂肪・高タンパクを控えること、常習的飲酒の制限、運動不足の改善が重要です。